スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中畑氏「石井浩郎をよろしく」秋田で初遊説(スポーツ報知)

 元巨人の先輩後輩、中畑清氏(56)と石井浩郎氏(45)が11日、党派を超えての共闘を誓い合った。今夏の参院選でたちあがれ日本の比例代表で出馬する中畑氏が秋田県内で初の地方遊説を行い、自民党から秋田選挙区で立候補する石井氏を激励した。

 日帰りで秋田入りした中畑氏は県内3か所で街頭演。その後、由利本荘市での演説会場で、巨人の後輩にあたる石井氏と昨年秋以来の再会を果たした。

 最終便で帰京せねばならなかったため、コラボ時間はわずか2分程度だったが、聴衆一人ひとりと握手しながら「石井浩郎をよろしくお願いします!」「石井はいい男です!」と他党の有力候補を売り込んだ。約220人の前での演説でも「党(の違い)はあまり気にしていない。同じ東北人で性格は頑固、くそまじめ。でも人柄だけでなく能力もあります」と熱烈にアピールした。

 先輩との再会に石井氏は「相変わらずお元気そうでよかった。(他党なので)複雑なところもありますが、民主党に過半数を取らせてはいけないという点での認識は同じ。ありがたいことです」と感謝。やるべきことは党勢を回復しつつある民主党を止めること。党は違えど、両者の思いは同じだった。

 【関連記事】
中畑氏、初街頭演説で「巨人監督の芽なくて政界へ」
欽ちゃんVS中畑軍団に6610人歓声
欽ちゃんが中畑氏を激励
中畑氏と石井氏 民主撃ちでG4番タッグ
中畑清 石井浩郎 比例代表 を調べる

事前協議に「迅速対応」=半島有事で米と確認―政府(時事通信)
皇太子さま、ウィーン少年合唱団公演をご鑑賞(産経新聞)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)
「経済成長」と「財政再建」で意見交換-民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
与党、16日閉会を提示 予算委員会、党首討論ともに行わず(産経新聞)
スポンサーサイト

退陣表明について、官房長官「極めて残念だ。責任を感じる」(産経新聞)

 平野博文官房長官は2日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相の退陣表明について、「極めて残念だ。私自身も責任を感じる」と述べた。

【関連記事】
大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」
韓国メディアも一斉に報道 「首相の後任は菅副総理が有力」
辞任表明を受け、近日中に民主党代表選を開催
首相「国民の皆さんが聞く耳をもたなくなった」 演説要旨
東京株午前、首相と幹事長辞任で反発 政治の不透明感解消 
「はやぶさ」帰還へ

ゴーストライターはここまで書く……という実態(Business Media 誠)
夫から妻へ、角膜移植が終了=改正移植法の一部施行後初(時事通信)
少子化担当相に蓮舫氏内定=菅氏、閣僚・党人事の調整本格化(時事通信)
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る(産経新聞)
日本芸術院賞 天皇、皇后両陛下迎え授賞式(毎日新聞)

<若年認知症>全国組織が発足 家族会など23団体が参加(毎日新聞)

 若年認知症患者の家族らによる初の全国組織「全国若年認知症の家族会・支援者連絡協議会」が23日、東京都内で発足した。家族会や支援組織など23団体が参加した。

 厚生労働省によると、18~64歳の若年認知症患者は推計3万7800人。働き盛りや子育て世代で発症し、失職に追い込まれ、住宅ローンを払えず自己破産に至るケースもある。経済面など家族への影響が大きいが、支援は乏しい。宮永和夫会長(新潟県南魚沼市立ゆきぐに大和病院長)は「本人や家族が安心して暮らせる施策の充実などを求めていきたい」と話す。

 問い合わせは事務局のNPO法人・若年認知症サポートセンター(メールsupportcenter@star2003.jp、ファクス03・5368・1956)。

移設先「辺野古」に怒りの集会…鳩山首相沖縄再訪問(スポーツ報知)
国道側溝に切断された両足=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
家畜空白地帯って?増え続ける子豚どうする(読売新聞)
<ワニのような生き物>住宅地路上に巨大トカゲの死骸 ペットを捨てる? 札幌(毎日新聞)
<陸山会事件>検察審査員「起訴相当」11人、7月末全員交代 議決時期も注目(毎日新聞)

「子供殺したかった」殺人未遂容疑の女供述…大阪(読売新聞)

 大阪市東住吉区の市立育和小2年、嵯峨根瑞奈(みずな)さん(8)が自宅前の路上で刺されて重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職玉置雪花(せつか)容疑者(32)が、「子供を殺したかった。包丁は事件の少し前に買い、自宅から持ち出した」と供述していることがわかった。

 東住吉署は無差別に子供を狙った計画的犯行とみて、詳しく調べる。

政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援―予防的殺処分の拡大検討(時事通信)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
大阪市議補選告示 各陣営、都市構想訴え 橋下新党「大阪都」に対抗も(産経新聞)
両立って?! 中田宏氏 「ヤワラちゃん」擁立に苦言(産経新聞)
子ども手当、修正含め検討=一部現物支給も-長妻厚労相(時事通信)

たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)

 新党「たちあがれ日本」が夏の大一番に向け、「B’z稲葉」似を自称する33歳イケメン候補を担ぎ出した。同党は7日、参院選比例代表公認候補として、元参院議員秘書の岡佑樹氏(33)の擁立を発表した。

 “シルバー新党”と一部で揶揄(やゆ)された「たちあがれ日本」が、若返り策第1弾だ。平沼赳夫代表(70)ら平均年齢70歳の幹部が並ぶ席に、フレッシュな岡氏が登場。「僕が入れば、(平均年齢が)6歳くらい低くなる。若いやつらが立ち上がらないかんでしょ」と意欲満々だ。

 岡氏は、2008年8月に平沼グループ入り。昨年の衆院選では徳島1区に無所属で出馬も、民主党の仙谷由人国家戦略相(64)の牙城を崩せず落選した。昨年11月頃、平沼氏から新党結成構想を聞き、先月の旗揚げ直後に本格的に出馬を打診された。平沼氏の「民主党政権では日本が危ない」という言葉が決定打となった。

 周囲から「B’zの稲葉浩志さん、(俳優の)細川茂樹さんに似てると言われる」というイケメン。徳島市立高3年時には、全国高校サッカー選手権でメンバー入り。2回戦で敗退したが、控えFWとしてチームを支えた。元サッカー日本代表の中田英寿氏(33)とは同学年。「夏は汗だくで走り回ります」とはにかんだ。

 なお、同党は岡氏を含め、現職の中川義雄参院議員(72)ら比例代表4人、選挙区2人を擁立する。

 ◆岡 佑樹(おか・ゆうき)1977年2月10日、徳島市生まれ。33歳。徳島市立高、甲南大卒。99年にトヨタカローラ徳島に入社し、営業に7年間携わる。2006年4月から1年半、北岡秀二参院議員の秘書を務める。昨年の衆院選に徳島1区で初出馬も落選。父・孝治氏は徳島市議会議員。独身。

 【関連記事】
平沼氏、鳩山首相に苦言「一国の総理として残念」
慎太郎知事が小沢氏も鳩山首相もメッタ斬り
たちあがれ日本、舛添氏と連携も
平沼赳夫 平沼グループ 徳島1区 を調べる

<将棋>名人戦第3局、6日から千葉・野田市で(毎日新聞)
自公、予算委集中審議の開催を要求へ(産経新聞)
和解協議、応じる方向 B型肝炎訴訟、政府調整(産経新聞)
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く-長野県警(時事通信)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」-国交省(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。